田舎で主婦をしていると、家庭ゴミの管理って
家事の中で結構な比率を占めると思います。
リサイクルの物は何でもきれいに洗って
乾かしてからでないと出せませんし、細かい分別にも気を使います。
ゴミ捨て場も皆で掃除していますから、
カラスにつつかれたりしないように注意してゴミを出さなければなりません。
都内に住んでいた頃は、ほとんど分別が必要なかったり、
ゴミ袋が二束三文で売っていたりと、
ゴミの管理はさほど大変ではなかったのですが、
田舎に引っ越してきて、まず所定のゴミ袋の高いことに驚きました。
それはもちろん、リサイクルできるものはしっかりと
決まりに従って分別し、再利用することが当然だと思います。
ですから私も、ゴミはちゃんと洗って分別して出しています。
しかしゴミ袋の高さだけはいかんともしがたい、
と言うわけなので古紙回収は本当に助かるんです。
私の住む町では、通常のリサイクル紙ごみとして出す場合、
だいたい隔週の木曜日なので、月に2回あればラッキーと言う感じです。
古紙回収の場合は月に一回、第一週と決まっています。
家庭ごみの分別を考えたとき、
各家庭によってずいぶん違うでしょうが
我が家の場合は一番多いのがプラスチックごみ、缶ごみ、
次に生ごみや可燃ごみ、次いで紙ごみとなります。
可燃ごみ以外のゴミはすべて1種類のリサイクル袋、
この袋で出さなければ回収してもらえません。
特に紙ごみの場合は段ボール箱が多い時など、
所定の袋に入り切らないことも多くて
結構大変な思いをしなければなりません。
これが古紙回収なら、段ボール箱もつぶしてあればいいし、
新聞、雑誌も紙袋でいいですよと言ってくれます。
高いリサイクル用ゴミ袋を買わなくても、
大きな物が入らないからと一生懸命切ったり破いたりしなくても、
重い思いをしてゴミ捨て場まで運んで行かなくてもよくて、
しかも、トイレットペーパーがもらえるんですから
もういいことずくめですよね。
かといって一か月、紙ごみを山積みにしておくわけにもいかないので
普段使っていない部屋の一角に、紙ごみ置き場を作りました。
次回は来週、月に一回ですから、忘れずに出さなくちゃって考えています。